読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

印象 2013/06/01-

オールタイムベスト http://efnran.hateblo.jp/entry/2016/01/01/000000

八月まとめ

 そろそろ体系的に作品を見ていって、整合性のあるリストを作ろうとは思っているのだけれど、いい加減な性格が災いしてこんかいもぐっちゃぐちゃなまとめになってしまった。

 1-2は八月最大の収穫である僵屍シリーズ二作品。このシリーズは僵屍の恐怖感に加えて登場人物の軽快なやり取りが魅力。ラム・チェインはもちろん、他の作品ではあまり目立つことのなかったビリー・ラウなど主役格でない人々のやりとりも面白い。香港映画といえば拳やノワールなどのジャンルが有名だが、ギャグ映画もなかなかいける。それを思い知ったという意味でリスト冒頭にもってきた。

 3の地獄八景はお盆との関連。伝統的な宗教によって理想化された天国と地獄ではなく、庶民の暮らしの延長としてあの世が存在しているのが面白い。子どものいなくなった賽の河原、渡し賃をとる三途の川に腰掛ける船頭等々、どこかでみた光景が別の世界にある。お盆に聞くにはとても良い作品だった。

  4は小学時代を振り返るついでにみて面白かったから、5,6は喜劇的狂気枠、7は絶滅危惧種になりつつある田舎娘を保存するために、8はヒロイズムに満ちた行動すべてが裏切られる主人公を憐れむために、9は奇跡を否定し自害したヒロインを讃えるために、10はOPがよかったから。

 

去年のまとめ

1

霊幻道士3/キョンシーの七不思議 [DVD]霊幻道士3/キョンシーの七不思議 [DVD]
僵屍を味方につけた明道士の登場で作品の立ち位置が大きく変わった作品。リチャード・ン演じる明道士と大寶、小寶の兄弟愛が涙を誘う。 他にもラム・チェインやビリー・ラウが主役格になったことで人物の動きも張りのあるものになっている。僵屍の性質が大きく変化したため評価がわかれている作品だが、自分は僵屍シリーズ中でいちばん好きな作品だ。

 2

霊幻道士 [DVD]霊幻道士 [DVD]
満州服をまとった死体が殺戮を求めて香港を彷徨う物語。単なる香港映画かと思いきや、主題となっている僵屍にふさわしい法術アクションが随所に散りばめられている。テキパキと法具を組立て蹴散らしていくラム・チェイン演じるチェン道士の動きの良さにはただただ目を見張るばかり。また、僵屍らの恐怖表現、モンチョイら馬鹿弟子による喜劇、アクションとさまざまなものが混ざり合っているのに作品の濁りも複雑さも感じさせない。異色のホラー映画。
鑑賞日:08月21日 監督:リッキー・リュウ

3

特選!!米朝落語全集 第十集特選!!米朝落語全集 第十集

地獄八景亡者戯
 あの世なら先に逝った人間との再会も可能かもしれない、現世よりも良い人生を歩むことが出来るかも知れない、という願望を別の形で叶えてくれる作品。それは現世の泥棒や人殺しと鉢合わせすることで実現されるかもしれないし、賽の河原で石を積むような真面目な子どもが消えることで実現されるかもしれない。死ぬことが、あるいは再開が常に祝福されているとは限らない。叶ったことがが気分の良いことだけのはずもない。不条理は自意識が存続する限り追いかけてくる。あの世もまた世知辛いが噺家の立場からすればいつもどおりの飯の種。それ故に笑える

鑑賞日:08月13日 監督:

4

ポリスアカデミー [DVD]ポリスアカデミー [DVD]
84" カッコーの巣にいそうな基地外集団設定がフルメタルジャケットの如き国営番犬育成機関で特殊能力を使って教官を愚弄する喜劇。 警察学校を舞台としていながら厳しい訓練や人物らが抱えた特殊な事情を良質なギャグに調理できている。ちょっと設定をいじくればラノベに移植できそうなくらいにキャラクターの記号化もうまいし、それ故に何も考えずにすらっと観ることができる。傑作。

+チック姉さん(プラスチック姉さん)(6) (ヤングガンガンコミックス)+チック姉さん(プラスチック姉さん)(6) (ヤングガンガンコミックス)感想
勝負ブラ着用のバレンタイン、料理勝負その他におけるドヤ顔の追加、奇声の連発と国木のキャラをぶっ壊しにかかって笑う。「お前のHR炒飯とやらはアウトだ。アウーッ!!」。あと、「トウモロコシを食べながらトウモロコシを食べることを考えている この目!!」を読むのはカーペンターズの曲を聞きながらにしよう。
読了日:8月28日 著者:栗井茶

6

+チック姉さん(プラスチック姉さん)(5) (ヤングガンガンコミックス)+チック姉さん(プラスチック姉さん)(5) (ヤングガンガンコミックス)感想
裏表紙の「チンパン、こっちおいで」。「もっとだもっとこっち来い」。「なかなか賢いチンパンだな」。「だがな…お前の本気はそんなもんじゃないはずだ」。「お前はもっと来れるやつだ」。から発想の源が掴めない。金と愛、自らの領分をかけて殴り合う“地蔵”、暑い暑いと服を脱ぐ野球部国木、友愛をもとめるチンパンとそれを拒絶する姉さん、安定の栗井茶は何食ってこんなことを考えることを考えたんだ感がある。
読了日:8月28日 著者:栗井茶

7

のんのんびより7巻 (MFコミックス アライブシリーズ)のんのんびより7巻 (MFコミックス アライブシリーズ)感想
寝る前にカップ麺すするひと、明日の予定をたてながら損得勘定する人、つかれて行き倒れる人、帰りたくない人、どこへ行っても田舎の空気を担ぎ出している分校生徒が愛おしい。見開きで描かれる玄関もここまでくれば涙モノ。夏海のギャップ萌えも良い。あと、スーパーボールは踏むと痛い。
読了日:8月27日 著者:あっと

8

今、そこにいる僕 TV-BOX [DVD]今、そこにいる僕 TV-BOX [DVD]
ステロタイプな熱血馬鹿を主人公に置くことで逆説的に戦争の無常観を描くことに成功している稀有な作品。村民の僅かな親切が結んだ結末はデウス・エクス・マキナのようにも見えるが、その説得力のなさが主人公の無力感と同じようにヘリウッドの解決しようのない絶望感を強化している。 

9

sola vol.V (最終巻) [DVD]sola vol.V (最終巻) [DVD]
奇跡による蘇生とその代償の物語。夏の空の下、奇跡を起こせばその代償が求められる話自体はエロゲでちらほら見かけたが、この作品のように根底から否定する作品はなかったように思う。通常、奇跡の代償を求めてくるのは神であったり世界それ自体の意思であったり地球外生命体だったり力を貸した主によるものだけど、この作品は当事者たちの倫理観に基づいている。奇跡によって構築された家族は、それがたとえ幸せなものであっても青空の元には存在してはならないという理念のもとにすべてが崩壊する。

あまりに詩的な動機だが、それゆえに死への戸惑いも生者への未練も生きることの喜びも存在しない。このどうしようもない感じがじつに良い。素晴らしい作品だった。 
鑑賞日:08月28日 監督:小林智樹

10

プロジェクトA 〈日本語吹替収録版〉 [DVD]プロジェクトA 〈日本語吹替収録版〉 [DVD]
おそらくジャッキーの動きよりも目立っているサモ・ハンの動きはすごいを通り越して気味が悪い。それだけでも見る価値はある。 会話はゴリ押しだし投げっぱなしだしアクションの挿入も突然すぎるのだけれど、どういうわけか面白い。たぶん、やたらと分割されたカットによるものなんだろうけど、ここまでくれば立派な職人芸だ。
鑑賞日:08月27日 監督:

 

 

 

 

 

2014年8月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1539ページ
ナイス数:11ナイス

和辻哲郎―文人哲学者の軌跡 (岩波新書)和辻哲郎―文人哲学者の軌跡 (岩波新書)感想
和辻哲郎の伝記。彼の思想的な流れを個人の生活、随筆で肉付けしてあるので非常に読みやすい。(やや情緒的すぎる感があるが)著者の語り口と引用が美しいので一気に読ませる力がある。
読了日:8月30日 著者:熊野純彦
+チック姉さん(プラスチック姉さん)(6) (ヤングガンガンコミックス)+チック姉さん(プラスチック姉さん)(6) (ヤングガンガンコミックス)感想
勝負ブラ着用のバレンタイン、料理勝負その他におけるドヤ顔の追加、奇声の連発と国木のキャラをぶっ壊しにかかって笑う。「お前のHR炒飯とやらはアウトだ。アウーッ!!」。あと、「トウモロコシを食べながらトウモロコシを食べることを考えている この目!!」を読むのはカーペンターズの曲を聞きながらにしよう。

p.20,39,81,106,136


読了日:8月28日 著者:栗井茶
+チック姉さん(プラスチック姉さん)(5) (ヤングガンガンコミックス)+チック姉さん(プラスチック姉さん)(5) (ヤングガンガンコミックス)感想
裏表紙の「チンパン、こっちおいで」。「もっとだもっとこっち来い」。「なかなか賢いチンパンだな」。「だがな…お前の本気はそんなもんじゃないはずだ」。「お前はもっと来れるやつだ」。から発想の源が掴めない。金と愛、自らの領分をかけて殴り合う“地蔵”、暑い暑いと服を脱ぐ野球部国木、友愛をもとめるチンパンとそれを拒絶する姉さん、安定の栗井茶は何食ってこんなことを考えることを考えたんだ感がある。

p.10,p.28,37,94,113


読了日:8月28日 著者:栗井茶
のんのんびより7巻 (MFコミックス アライブシリーズ)のんのんびより7巻 (MFコミックス アライブシリーズ)感想
寝る前にカップ麺すするひと、明日の予定をたてながら損得勘定する人、つかれて行き倒れる人、帰りたくない人、どこへ行っても田舎の空気を担ぎ出している分校生徒が愛おしい。見開きで描かれる玄関もここまでくれば涙モノ。夏海のギャップ萌えも良い。あと、スーパーボールは踏むと痛い。
読了日:8月27日 著者:あっと

p.74,82,92,112,135


世界SF全集〈第2巻〉ウエルズ (1970年)世界SF全集〈第2巻〉ウエルズ (1970年)感想
The Time Machine : An Invention  タイム・マシン The Invisible Man  透明人間 The War of the Worlds  宇宙戦争
読了日:8月18日 著者:

 

 

宇宙戦争 1898年の火星人侵略。まだWWIも発生していない時期の作品ながら戦争遂行能力や交通網など総力戦に関わる問題から英国から脱出するために仲間同士で殴り合う市民など時代を先取りした要素がふんだんに盛り込まれている。 また、視点を戦争に参加している兵士ではなく避難民に設定することで作中の情報量を抑えることで一般市民にとっての戦争を演出することにも成功、パニック小説としても強度のある作品になっている。今尚古臭さを感じさせない侵略SFの傑作。

 

透明人間-1897年のオーソドックスな怪人小説。膨大な状況描写により戦地を描いた宇宙戦争とは毛色が違い、マッドサイエンティストの犯罪小説となっている。開発と逃走の果ての殺害と展開自体は地味だが怪人として生きることが泥棒や殺人など反社会的な部分で有利である一方で市民としての権利を失うことでレストランで食事をすることも苦痛になるなど社会との相性の悪さを強調している所はいまでも参考になる。

主人公には親の遺産を食いつぶしてまで研究に没頭したり、自身の境遇を改善するためにはテロリズムをも肯定してしまうなど筋金入りのマッドサイエンティストなのも面白い。(そのおかげで透明人間の悲劇色が失われてしまっているのだが)

p.203,206,218,214,274

p.352,362,378,382,421,461

p.923,32,65

1895年のタイムマシン。社会主義を信奉しはじめていた時期の作品とされているが、モアのようなユートピアを描かず資本主義批判を通したエンタメになっているのがウェルズらしい。(構造的に労働者の家畜となったブルジョアに見えるのだが、気のせいか) また、宇宙戦争や透明人間と同じく非常に描写力の高い作品でタイムマシンから見える早送り風景などのちに映画で採用されるようなシーンが存在する。 主人公が社会思想を切り口に語るためほかの作品より古臭さを感じてしまうが、一風変わったディストピアとして面白い作品だった。

 

日本三文オペラ (新潮文庫)日本三文オペラ (新潮文庫)感想
環状線の内側に住み着き、夜な夜な大阪砲兵向上跡へと鉄くずを拾いにでかける朝鮮人ことアパッチ族の物語。ジャンジャン横丁やそこで振舞われるホルモン、もつ鍋等々、暑苦しい関西弁がこれでもかとぶち巻かれている。」ように見えるが、その実は地方性の高い言葉のインパクトに頼ったユートピア文学。暴力も飢えも言葉の定義上にしか存在しない。動機になり得る深刻なエラーが存在しないのだから、革命が成功するはずもない。国家権力もピクニック気分なあたりは法学部エリートの開高健の限界を示しているのではなかろか。
読了日:8月2日 著者:開高健

 

8月の鑑賞メーター
観たビデオの数:30本
観た鑑賞時間:2899分

ポリスアカデミー [DVD]ポリスアカデミー [DVD]
84" カッコーの巣にいそうな基地外集団設定がフルメタルジャケットの如き国営番犬育成機関で特殊能力を使って教官を愚弄する喜劇。 警察学校を舞台としていながら厳しい訓練や人物らが抱えた特殊な事情を良質なギャグに調理できている。ちょっと設定をいじくればラノベに移植できそうなくらいにキャラクターの記号化もうまいし、それ故に何も考えずにすらっと観ることができる。傑作。
鑑賞日:08月30日 監督:ヒュー・ウィルソン
太陽の牙 ダグラム vol.1 [DVD]太陽の牙 ダグラム vol.1 [DVD]
鉄道襲撃、暗殺未遂、独立宣言、補充入隊、
鑑賞日:08月28日 監督:神田武幸『銀河漂流バイファム』 高橋良輔
sola vol.V (最終巻) [DVD]sola vol.V (最終巻) [DVD]
奇跡による蘇生とその代償の物語。夏の空の下、奇跡を起こせばその代償が求められる話自体はエロゲでちらほら見かけたが、この作品のように根底から否定する作品はなかったように思う。通常、奇跡の代償を求めてくるのは神であったり世界それ自体の意思であったり地球外生命体だったり力を貸した主によるものだけど、この作品は当事者たちの倫理観に基づいている。奇跡によって構築された家族は、それがたとえ幸せなものであっても青空の元には存在してはならないという理念のもとにすべてが崩壊する。

あまりに詩的な動機だが、それゆえに死への戸惑いも生者への未練も生きることの喜びも存在しない。このどうしようもない感じがじつに良い。素晴らしい作品だった。 

夜禍模造の弟と呪符キャットファイト、奇跡と代償と空登る夜禍


鑑賞日:08月28日 監督:小林智樹
sola vol.IV [DVD]sola vol.IV [DVD]
夜禍と模造人間、荷造り
鑑賞日:08月28日 監督:小林智樹
sola Vol.III [DVD]sola Vol.III [DVD]
姉と同居、きゃっとふぁいと
鑑賞日:08月28日 監督:小林智樹
sola Vol.II [DVD]sola Vol.II [DVD]
人形、退院と襲撃、恋人ごっこと別離
鑑賞日:08月27日 監督:小林智樹
霊幻道士3/キョンシーの七不思議 [DVD]霊幻道士3/キョンシーの七不思議 [DVD]
僵屍を味方につけた明道士の登場で作品の立ち位置が大きく変わった作品。リチャード・ン演じる明道士と大寶、小寶の兄弟愛が涙を誘う。 他にもラム・チェインの主役格やビリー・ラウの馬鹿枠が中心付近に据えられることでシリーズ中もっとも的確な配役がなされている。 
鑑賞日:08月27日 監督:リッキー・リュウ
霊幻道士2 キョンシーの息子たち! デジタル・リマスター版 [DVD]霊幻道士2 キョンシーの息子たち! デジタル・リマスター版 [DVD]
炎上するトラック、飛び出し車の上を跳ねる僵屍がいちばんの見所。トンットンットンッとタップを踏むように跳ねていく様子は気持ちが良い。その他、僵屍に無反動砲を打ち込むなど火力の量は多くなった。その一方でアクションに力がない。山場のアクションがスローモーションだったこともあるのか、ユン・ピョウの動きにいまいち張りがないし、ラム・チェインの登場時間も少ないのも残念。お調子乗りの馬鹿者を演じていたビリー・ラウも序盤を盛り上げてくれてはいるが、どういうわけか後半はほとんど活躍せずに終わってしまう。輸出用の佳作っぽい
鑑賞日:08月27日 監督:リッキー・ラウ
プロジェクトA 〈日本語吹替収録版〉 [DVD]プロジェクトA 〈日本語吹替収録版〉 [DVD]
おそらくジャッキーの動きよりも目立っているサモ・ハンの動きはすごいを通り越して気味が悪い。それだけでも見る価値はある。 会話はゴリ押しだし投げっぱなしだしアクションの挿入も突然すぎるのだけれど、どういうわけか面白い。たぶん、やたらと分割されたカットによるものなんだろうけど、ここまでくれば立派な職人芸だ。
鑑賞日:08月27日 監督:
機動戦士ガンダムDVD-BOX 1 特典フィギュア付(完全初回限定生産)機動戦士ガンダムDVD-BOX 1 特典フィギュア付(完全初回限定生産)
日本語でおk
鑑賞日:08月23日 監督:
sola I (通常版) [DVD]sola I (通常版) [DVD]
空の写真と話、茉莉同居、真名介入、
鑑賞日:08月23日 監督:小林智樹
霊幻道士 [DVD]霊幻道士 [DVD]
満州服をまとった死体が殺戮を求めて香港を彷徨う物語。単なる香港映画かと思いきや、主題となっている僵屍にふさわしい法術アクションが随所に散りばめられている。テキパキと法具を組立て蹴散らしていくラム・チェイン演じるチェン道士の動きの良さにはただただ目を見張るばかりだった。また、僵屍らの恐怖表現、モンチョイら馬鹿弟子による喜劇、アクションとさまざまなものが混ざり合っているのに作品の濁りも複雑さも感じさせない。異色のホラー映画。
鑑賞日:08月21日 監督:リッキー・リュウ
今、そこにいる僕 TV-BOX [DVD]今、そこにいる僕 TV-BOX [DVD]
ステロタイプな熱血馬鹿を主人公に置くことで逆説的に戦争の無常観を描くことに成功している稀有な作品。村民の僅かな親切が結んだ結末はデウス・エクス・マキナのようにも見えるが、その説得力のなさが主人公の無力感と同じようにヘリウッドの解決しようのない絶望感を強化している。 
鑑賞日:08月18日 監督:大地丙太郎
血と砂 [DVD]血と砂 [DVD]
童貞たちの嘆きもいいが、三船ら大人たちのすれ違いもなかなか味わい深い。見習い士官の死因を探る三船、その真の理由を知らずに付き従う佐藤、墓掘の伊藤、非戦の天本。たとえ理由を知っていたとしても彼らはついていっただろうが、あえて同じ軍人としての三船のあり方が彼らを突き動かしているところが喜八作品らしくて面白い。
鑑賞日:08月14日 監督:岡本喜八
特選!!米朝落語全集 第十集特選!!米朝落語全集 第十集
地獄八景亡者戯
鑑賞日:08月13日 監督:
墓場鬼太郎 第四集 (初回限定生産版) [DVD]墓場鬼太郎 第四集 (初回限定生産版) [DVD]
吸血鬼ジョニー、ブリガドーン現象と妖怪の日常化、あの世保険
鑑賞日:08月13日 監督:
墓場鬼太郎 第三集 (初回限定生産版) [DVD]墓場鬼太郎 第三集 (初回限定生産版) [DVD]
水神と借金取立て、狼男と幽霊列車、家乗っ取り
鑑賞日:08月12日 監督:
墓場鬼太郎 第二集 (初回限定生産版) [DVD]墓場鬼太郎 第二集 (初回限定生産版) [DVD]
吸血木、猫娘の無理心中
鑑賞日:08月10日 監督:
墓場鬼太郎 第一集 [DVD]墓場鬼太郎 第一集 [DVD]
最後の幽霊、族鬼太郎誕生、ドラキュラと夜叉
鑑賞日:08月10日 監督:
EMOTION the Best 機動警察パトレイバー 劇場版 [DVD]EMOTION the Best 機動警察パトレイバー 劇場版 [DVD]
台風11号が来たから観た。東京に仮想の戦争状態をつくりだしたのが2なら、こちらは東京湾バベルの塔を再現した作品。エホバを名乗る男が風を通して言葉を操り機械たちを狂わせる。聖書をただ引用するだけではなく、犯人の傲慢や王国の崩壊を司る鍵とすることで物語の流れがスムーズになっているのが興味深い。
鑑賞日:08月10日 監督:押井 守
あの夏で待ってる6 [DVD]あの夏で待ってる6 [DVD]
MIB
鑑賞日:08月09日 監督:長井龍雪
あの夏で待ってる5 [DVD]あの夏で待ってる5 [DVD]
いちかフラグと戦後処理
鑑賞日:08月09日 監督:長井龍雪
あの夏で待ってる4 [DVD]あの夏で待ってる4 [DVD]
沖縄と元カノ、夏祭りと正体
鑑賞日:08月09日 監督:長井龍雪
あの夏で待ってる 3 [DVD]あの夏で待ってる 3 [DVD]
栞菜訪問と三角関係、沖縄旅行と同窓会
鑑賞日:08月09日 監督:長井龍雪
あの夏で待ってる2 [DVD]あの夏で待ってる2 [DVD]
軽井沢デートロケ、世話焼きイチカ
鑑賞日:08月09日 監督:長井龍雪
あの夏で待ってる1 [DVD]あの夏で待ってる1 [DVD]
空から赤毛のおっぱい、撮影開始記念会
鑑賞日:08月08日 監督:長井龍雪
N・H・Kにようこそ! ネガティブパック<オリジナル無修正版> 第12巻 [DVD]N・H・Kにようこそ! ネガティブパック<オリジナル無修正版> 第12巻 [DVD]
さとうくんはたらく
鑑賞日:08月06日 監督:山本裕介
N・H・Kにようこそ! 通常パック<オリジナル無修正版> 第11巻 [DVD]N・H・Kにようこそ! 通常パック<オリジナル無修正版> 第11巻 [DVD]
山崎帰郷、陰謀不倫女
鑑賞日:08月01日 監督:山本裕介
N・H・Kにようこそ! ネガティブパック<オリジナル無修正版> 第10巻 [DVD]N・H・Kにようこそ! ネガティブパック<オリジナル無修正版> 第10巻 [DVD]
RTM、山崎帰郷
鑑賞日:08月01日 監督:山本裕介
N・H・Kにようこそ! ネガティブパック<オリジナル無修正版> 第9巻 [DVD]N・H・Kにようこそ! ネガティブパック<オリジナル無修正版> 第9巻 [DVD]
マルチ商法
鑑賞日:08月01日 監督:山本裕介

鑑賞メーター