印象 2013/06/01-

オールタイムベスト http://efnran.hateblo.jp/entry/2016/01/01/000000

三月の読書やら鑑賞やら

 

魔法少女まどか☆マギカ 5 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

魔法少女まどか☆マギカ 5 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

 

 目的論的ループとその副産物としてのピンク。すべての伏線を多世界解釈に還元し説明してしまう強引な作劇は過去にもあるけど、因果の中心を他者に設定し、それらを(劇場版を含めた)ドラマチックな物語に仕立て上げた作品は他にない。魔法少女のリアリティを描きつ、最終的にセカイ系アクエリオンのような神話型物語を見事に融合させた傑作。

バットマン リターンズ [DVD]

バットマン リターンズ [DVD]

 

 (92)VSペンギン&実業家。前作のリアル路線から一転しDCのキャラクター性、様式的な美術表現に軸を移した作品。スタン・ウィストン等々のスタッフによって生み出されたペンギンの野獣的で贅肉につつまれたような容姿、殆どボンデージに近いキャットのボンテージフェティッシュが兎に角“美しい”。ただ美術に力をいれるだけではなく、各々に捨て子のトラウマや吹っ切れたナード的な過去をキャラクターの人格形成の要因とすることで物語にも十分奥行を持たせることに成功している。ティムバートンとアメコミの奇妙な混合体。

アマデウス ディレクターズカット [Blu-ray]

アマデウス ディレクターズカット [Blu-ray]

 

 (84)努力で宮廷楽長に上り詰めたイタリア派のサリエリと音楽的才能と抑圧的な父の下で皇帝の庇護を受けたドイツのモーツァルトの愛憎劇。贈呈された曲を弾きながら作曲者の目の前で作り変える(侮辱的な)天才振り、封印劇を音楽的に説明することで皇帝を懐柔していく巧妙な性格の持ち主としてモーツァルトを描き、対する存在としてサリエリをとことん俗物的で嫉妬にまみれた人間として描くことで逆説的に天才の悲哀を描写することに成功している。人物像を提示するだけではなく、我々俗物とモーツァルトの距離感まで表した素晴らしい作品。

 (12)荒野の用心棒殺し。西部劇でおなじみ賞金稼ぎの「正義」と黒人差別映画のスプラッター表現が融合。歴史的にも映画史的にも虐げられる側だった黒人が白人を撃ち殺しまくる。イングロリアス・バスターズに引き続いて政治的寓意に満ちた作品だが、黒歴史とされている黒人奴隷を題材を選んだだけあって、象徴や暴力を自然に物語に混ぜ込んでいる。際どい題材を選ばずともタランティーノはやればできるということを証明してくれた。

レッド・オクトーバーを追え!アドバンスト・コレクターズ・エディション [DVD]

レッド・オクトーバーを追え!アドバンスト・コレクターズ・エディション [DVD]

 

 (90)タイフーンとロサンゼルスの追いかけっこ。トム・クランシー流のケレン味の効いた設定を、これまたプレデターダイ・ハードとハリウッド流のリアリティの追求をしてきたマクティアナンが映画化。赤軍合唱団を思わせる合唱に合わせて出港する電磁推進タイフーン、テープレコーダー早回しによって居場所をつかむロサンゼルス、発射弁の開け閉めによる腹の探り合い、潜望鏡をつかったモールス交信、異星人とのコンタクトを思わせる米ソ両艦長のファーストコンタクト等々、潜水艦映画のエッセンスと冷戦下の緊張と怪しい雰囲気が見事に凝縮されている。

 

 

2015年3月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1767ページ
ナイス数:37ナイス

ゆゆ式 (2) (まんがタイムKRコミックス)ゆゆ式 (2) (まんがタイムKRコミックス)感想
なんつってつっちゃったを唱えたり、空想の幽霊と同化してトランス状態に入る三人が本巻のキモ。サイパンに行った夢を語るゆずこにキュンとする二人など女子高を舞台にするには高度すぎる台詞回しがよい。
読了日:3月30日 著者:三上小又
ゆゆ式 (1) (まんがタイムKRコミックス)ゆゆ式 (1) (まんがタイムKRコミックス)感想
5巻から改めて読み直すと荒削りなところが新鮮に思えて愛おしい。キャラが安定してない場面が所々にあるけど、ぽつんと咲いた花の寂しさにゆずこと縁が共感したり、韻を踏んだり、イントネーションが気持ち良い言葉をひたすら連呼したり、芯の部分はかわってない。
読了日:3月27日 著者:三上小又
ホッブズ (Century Books―人と思想)ホッブズ (Century Books―人と思想)感想
ホッブズの概説と絶対主義批判からの擁護。著者は清教徒革命の混乱が生んだ愛と勇気の書だと言ってみたり、ファシズムが生まれたのは英国の民主思想が根付いていなかったから等々のレトリックをつかってホッブズを称えるのだが、語れば語るほどホッブズの単純さや同時代的な限界が見えてくるようで虚しい。肉体的経済的な平等が闘争を生むという発想自体は面白いが、古典的な議会設置で議論が終わっているらしいので現代的に意味はないのだろう。
読了日:3月24日 著者:田中浩
大砲とスタンプ(4) (モーニング KC)大砲とスタンプ(4) (モーニング KC)感想
鉄道株で儲ける眼鏡や軍靴の価格調整などシリアスな展開が待ち受けてそうな三巻よりよもやま物語的な成分多めで愉しい。スターリン像を模した巨像やマルチナの書類フェチあたりもよかった。
読了日:3月20日 著者:速水螺旋人
映画史を学ぶクリティカル・ワーズ映画史を学ぶクリティカル・ワーズ感想
カメラオブスクーラからイラク戦争までを十年区切りで解説。ニッケルオデオンからパテ社、撮影所システムの栄光と凋落、インディーズから作品の公告化までをぼんやりと解説。特徴的なキーワードを平易に解説しているので基礎中の基礎を抑えるには便利。ただ、技術史や批評などの文脈をぶった切っているので、これ一冊を鵜呑みにするのは危険。図書館で気になったキーワードの本を探せばなんとかなりそうではあるが、せめて文献一覧は付けて欲しかった。
読了日:3月17日 著者:
映画のおしゃべり箱 (中公文庫)映画のおしゃべり箱 (中公文庫)感想
90のシネマエッセイ。弁士が文字通り全身全霊をかけた無声時代の時代劇、実際に異国の人々をかき集めて雰囲気を再現しようとした無声洋画、感動のあまりチケットをまとめ買いして劇場前で配り歩いた男等等、古今東西の映画や劇場の体験を劇中のシーンや劇場の雰囲気を交えながら具体的に描写。目を覆うように広がるシネスコのスクリーン体験は半世紀前にのぞきレンズによって達成されていたといった意外な指摘もあって興味深かった。
読了日:3月17日 著者:淀川長治
アメリカン・スナイパー (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)アメリカン・スナイパー (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)感想
ラマーディーの悪魔の回想録。星条旗とカウボーイハットを愛する男が狙撃手へと成長しイラクで大戦果を収めるまで。ドラマチックな経歴の持ち主だが自らの戦果を誇示せずに、合衆国や戦友、家族への愛を何度も繰り返し語っているのが印象的。イラクについても「腐りきっている」「戦友に脅威を与える悪党の巣窟」とままにプロパガンダを受け入れ、自身が警報器に怯え暴れたことやPTSDに悩まされたことについては殆ど書いておらず、その能天気とも強靭ともいえる精神構造すごい。「最初の獲物を仕留めたあとは何のためらいもなく銃を向けることが
読了日:3月5日 著者:クリス・カイル,スコット・マキューエン,ジム・デフェリス

読書メーター

 

3月の鑑賞メーター
観たビデオの数:39本
観た鑑賞時間:4223分

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語(通常版) [Blu-ray]劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語(通常版) [Blu-ray]
別分岐の話かと思ったら動物園仮説だった。園外の存在と接触するSFは他にもあるけど、その結果として世界の構造そのものを書き換えたり、逆転させるお話ははじめてみた気がする。TV版ラスト1カットへの回答、まどかとほむらの人間関係の話なので、放送版のような大きな展開はないけど、変身シーンや書割的な扱いだったイヌカレーの美術に躍動感があって映像的にも非常に面白かったので見る価値はある。
鑑賞日:03月31日 監督:宮本幸裕/新房昭之(総監督)
魔法少女まどか☆マギカ 6 【完全生産限定版】 [Blu-ray]魔法少女まどか☆マギカ 6 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
結局セカイ系の枠内に収まってしまったけど、魔力の供給方法を変えただけで、エヴァみたく感情の有り様や自我の存在を否定する所まで自暴自棄になってないのが良い。
鑑賞日:03月30日 監督:新房昭之
魔法少女まどか☆マギカ 5 【完全生産限定版】 [Blu-ray]魔法少女まどか☆マギカ 5 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
目的論的ループとその副産物としてのピンク。すべての伏線を多世界解釈に還元し説明してしまう強引な作劇が心地よい。SFとしてのまどマギはここまで。
鑑賞日:03月30日 監督:新房昭之
魔法少女まどか☆マギカ 4 【完全生産限定版】 [Blu-ray]魔法少女まどか☆マギカ 4 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
7話8話。さやかも杏も独善的な献身が身の破滅を招いただけで、本質的な部分は不条理ではなく、またマッチポンプ的な作劇に見えるのだけれど、その安易さが逆に未成熟な精神性を感じさせる。魔法少女という使い勝手の良いストックキャラクターが、如何にちぐはぐな存在なのかを見せつけてきてゾクゾクした。
鑑賞日:03月30日 監督:新房昭之
魔法少女まどか☆マギカ 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray] [Blu-ray]魔法少女まどか☆マギカ 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray] [Blu-ray]
5話6話 さやかの魔法少女成長記録&接続する魔法少女ティプトリー的な) 相変わらず書割めいた背景が多い。楽器演奏シーンはさやかの魔法少女事情を差し引いても画面レイアウトだけでこれだけ不気味な雰囲気を漂わせることができるのかと感心した。 ただ、(作品構成で魅せている作品であるとはいえ)さやかの善意の押しつけ、まど母の余計なお説教や設定開示が説明的すぎる感がある。きゅうべぇの説明書を読み上げるような喋りはしょうがないとして、それに対する少女らの反応が「ゾンビじゃないか~」というのはあまりに短絡的すぎない
鑑賞日:03月29日 監督:
魔法少女まどか☆マギカ 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray] [Blu-ray] (2011) 悠木碧; 斎藤千和; 水橋かおり; 喜多村英梨; 加...魔法少女まどか☆マギカ 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray] [Blu-ray] (2011) 悠木碧; 斎藤千和; 水橋かおり; 喜多村英梨; 加...
3話まみまみ4話さやさや。デフォルメされて伸縮切断されるまどかとか、早川SF風に洗剤の混ぜ方を指南してくれるお母さんとか琴線にふれるものがいろいろあって楽しかった。さやかの善意を押し売って自ら不幸を呼び込む性格は嫌いじゃない。
鑑賞日:03月29日 監督:
魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray] [Blu-ray]魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray] [Blu-ray]
(11)二話時点では大きな展開や情報開示はないが、極端な顔のアップショットから表情の変化、書割めいたリビング、異様に収束点や遠近感を強調した廊下や屋上、イヌカレーの美術によって既に異様な雰囲気が漂っている。
鑑賞日:03月29日 監督:
ジャンゴ 繋がれざる者 [Blu-ray]ジャンゴ 繋がれざる者 [Blu-ray]
(12)荒野の用心棒殺し。西部劇でおなじみ賞金稼ぎの「正義」と黒人差別映画のスプラッター表現が融合。歴史的にも映画史的にも虐げられる側だった黒人が白人を撃ち殺しまくる。イングロリアス・バスターズに引き続いて政治的寓意に満ちた作品だが、黒歴史とされている黒人奴隷を題材を選んだだけあって、象徴や暴力を自然に物語に混ぜ込んでいる。際どい題材を選ばずともタランティーノはやればできるということを証明してくれた。
鑑賞日:03月29日 監督:クエンティン・タランティーノ
スナッチ [Blu-ray]スナッチ [Blu-ray]
(00)ダイヤをめぐってロシアとアメリカとフランスが血で血を洗い、ジプシーとジョンブルが賭博界隈で暗躍する世にも奇妙な物語。複雑だが着実に進行していくダイヤを巡る運命論的なシナリオ、様々なファック形容等々がよかった。
鑑賞日:03月29日 監督:ガイ・リッチー
怪獣大戦争 [DVD]怪獣大戦争 [DVD]
「地球基地!我々は脱出する!未来へ向かって脱出する!まだ見ぬ…未来へ向かって…」
鑑賞日:03月28日 監督:本多猪四郎
バットマンアンドロビン Mr.フリーズの逆襲 [Blu-ray]バットマンアンドロビン Mr.フリーズの逆襲 [Blu-ray]
(97)50年代の再現だった前作に引き続き、コミックスコードの監視下でTVドラマ化もされた60年代のファミリー向けコミックを再現。バットマンはビルの頂上から何百メートルも落下し、時に空を飛び、ロビと共にカーチェイスに興じ、チャリティーオークションでは腕を組んで登場。ロビンとの付き合い方に悩むなど親バカな一面も見ることができる。ヴィランシュワルツェネッガーを配するなど興業に対する意欲は伺えるが、物語から豪華絢爛なセットに至るまで観客を意識しすぎた結果、逆に凡作以下になってしまった、印象。
鑑賞日:03月27日 監督:ジョエル・シューマカー
バットマン フォーエヴァー [Blu-ray]バットマン フォーエヴァー [Blu-ray]
(95)40年代の現実感のあるバットマンを目指していたバートン版からちょっとだけ作風が変化し、50年代のコミックスコードに制限されるまでの移行期を意識したを仕上がりになっている。コインで殺意の在処を決めるトミーリージョンズ演じるトゥーフェイス、キメ顔でヘッドギアを発明し爆弾を投げまくるジム・キャリー演じるリドラーがど派手な原色の照明の中で踊り狂う。ビルから飛び降り、時に滑空するバットマンの超人的な姿も当時、過渡期にあったCGによって再現されている。
鑑賞日:03月26日 監督:ジョエル・シューマカー
ダークナイト [Blu-ray]ダークナイト [Blu-ray]
容量増大によりIMAX撮影部分の画質が格段に向上。ロングショットで見るゴッサムシティがこんなにも美しいとは思わなかった。
鑑賞日:03月24日 監督:クリストファー・ノーラン
バットマン ビギンズ [Blu-ray]バットマン ビギンズ [Blu-ray]
画質が向上したからなのか、DVDと比べて黒とセピア色の発色が格段によくなっている。
鑑賞日:03月24日 監督:クリストファー・ノーラン
バットマン リターンズ [Blu-ray]バットマン リターンズ [Blu-ray]
(92)VSペンギン&実業家。前作のリアル路線から一転しDCのキャラクター性、様式的な美術表現に軸を移した作品。スタン・ウィストン等々のスタッフによって生み出されたペンギンの野獣的で贅肉につつまれたような容姿、殆どボンデージに近いキャットのボンテージフェティッシュが兎に角“美しい”。ただ美術に力をいれるだけではなく、各々に捨て子のトラウマや吹っ切れたナード的な過去をキャラクターの人格形成の要因とすることで物語にも十分奥行を持たせることに成功している。フォルマリズムとアメコミの見事に融合した作品。
鑑賞日:03月22日 監督:ティム・バートン
バットマン [Blu-ray]バットマン [Blu-ray]
(89)初代リアル路線のバットマンVSジョーカー。普通の人間のように徒歩か車で街中を移動し、空を飛ぶときはワイヤーにしがみつき、銃弾に倒れる事もしばしば。マッチョとは言い難いマイケルキートンをその正体とすることで、このヒーローが我々と同じ人間であることを感じさせてくれる。特筆すべきはジョーカー演じるジャック・ニコルソンの狂気。子守唄と共に登場し、ペンキを絵画にぶちまけ、何の躊躇いも意図も介さずに人を殺していく光景は凄惨という他ない。“笑顔”がこれほど逆説的な意味で効果を発揮した作品は他にないだろう。
鑑賞日:03月22日 監督:ティム・バートン
K-19 [DVD]K-19 [DVD]
(02)61年にホテル級が起こした原子炉事故を題材にした作品。氷河を突き破っての急速浮上訓練、氷上サッカーなどのロシアらしい風景、化学防護服一枚で原子炉修理に従事し皮膚をでろでろにしていく水兵たちの姿など、他の潜水艦映画では描かれることのない闇の一面を見ることができる。強烈な印象を残す作品だが、ソ連時代の原潜を題材としているため、見方によっては反共映画にも見えてしまう。ハリウッドでつくるならスレッシャー級を題材にすれば良かったのではないか。
鑑賞日:03月20日 監督:キャスリン・ビグロー
レッド・オクトーバーを追え!アドバンスト・コレクターズ・エディション [DVD]レッド・オクトーバーを追え!アドバンスト・コレクターズ・エディション [DVD]
(90)タイフーンとロサンゼルスの追いかけっこ。トム・クランシー流のケレン味の効いた設定を、これまたプレデターダイ・ハードとハリウッド流のリアリティの追求をしてきたマクティアナンが映画化。赤軍合唱団を思わせる合唱に合わせて出港する電磁推進タイフーン、テープレコーダー早回しによって居場所をつかむロサンゼルス、発射弁の開け閉めによる腹の探り合い、潜望鏡をつかったモールス交信、異星人とのコンタクトを思わせる米ソ両艦長のファーストコンタクト等々、潜水艦映画のエッセンスと冷戦下の緊張と怪しい雰囲気を見事に凝縮。
鑑賞日:03月20日 監督:ジョン・マクティアナン
U-571 デラックス版 [DVD]U-571 デラックス版 [DVD]
(00)米製das boot。ドイツ出身であることを苦に思う米兵をつかった独軍との交渉、指揮官の素質云々や艦長の畳み掛けるような命令による緊張感の演出、時間表現を殆ど用いない戦闘描写など、潜水艦映画にしては珍しい小奇麗でテンポの良い映画に仕上がっている。 潜行プロセスの撮り方や台詞がほとんどUボートの真似だったり、そもエニグマ関連の基本設定が史実中の英軍の手柄の横取りだったり、あまり品の良い映画とはいえないが、エンタメ性の高い潜水艦映画、独製の映画をアメリカでリメイクした一例としてまぁ面白い。
鑑賞日:03月20日 監督:ジョナサン・モストウ
ミュータント・タートルズミュータント・タートルズ
05 地下に潜む日本かぶれの亀兄弟とYOROIの戦い。兎に角、3D表現に凝りに凝った作品で、冒頭の紙芝居から下水道への落下、滑落する大トラ等々を画面正面や斜め方向への投げ飛ばしやスローモーションを効果的に用いて描写。音響関連も鎧の軋む音やパンチの打撃音に凝っていてよかった。 GODZILLAを思い出させる身勝手なナレーターはミーガンフォックスの演技を最大限に引き出している役柄だったと思う。良くも悪くも。
鑑賞日:03月20日 監督:ジョナサン・リーベスマン
U・ボート ディレクターズ・カット [DVD]U・ボート ディレクターズ・カット [DVD]
82 大西洋を彷徨うUボートの物語。頭上を通過する駆逐艦のスクリュー音、ボチャ、ボチャという爆雷の投下音と続いて艦を包み込むような爆音、さらに水中という外に逃げ場のない状況設定が潜水艦特有の緊張と閉塞感を見事に引き出している。また、そんな場面にたどり着くまで間に乗員は延々と飯を喰らい、澱んだ空気を吸い、艦の整備に汗を流し、見張りにつく等々のルーチンワークをこなしているということをロングテイクによって時間的に、手持ちカメラと実物同様に狭い船体のセットを用いて説き、それにより物語的な枠組みに縛られない戦争映画
鑑賞日:03月17日 監督:ヴォルフガンク・ペーターゼン
エイリアン4 [Blu-ray]エイリアン4 [Blu-ray]
98 化物見本市。毎度捕獲に失敗していた組織がついにエイリアンを手中に。強化ガラスの中で飼育される化物、人工的に人体に植え付けられる幼体などリプリーが恐れ、我々がどのようなものかと密かに期待していた「エイリアンの軍事利用の実態」が面白い。酸の血を利用した化物の脱走や母としてのリプリーの役割など生態的なものも考えられていて面白いのだが、肝心の物語がFPS的で単純、カメラワークもワンパターンな煽りや回り込み、バストショットからの銃撃を何度も繰り返すので、技術的な面でかなり無理をしている印象を受け
鑑賞日:03月16日 監督:ジャン=ピエール・ジュネ
エイリアン3 [Blu-ray]エイリアン3 [Blu-ray]
92 エイリアンと追いかけっこ 鉄柱が十字架の形にひん曲げられ、地面に突き立てられた憤怒という名の惑星、そこに収監され神への祈りを捧げる囚人たち等々、フィンチャーらしいモチーフの数々、それまでダクト内部で襲われる一方だった人類が、エイリアンと追いかけっこを繰り広げる光景の爽快なこと。ただ、信仰心をもつ囚人という特殊設定を採用している割に懺悔や改心といった心理描写が不足気味。物語にまとまりがないためモチーフやセピア色の世紀末感が中に浮いている感がある。
鑑賞日:03月15日 監督:デイビッド・フィンチャー
エイリアン2 [Blu-ray]エイリアン2 [Blu-ray]
86宇宙戦争映画。前作のメタファーを廃してエイリアンを打ち倒すべき相手として描写。筋肉隆々とした海兵隊、機関銃の金切り声、グレネードの爆発音、火炎放射器のオレンジ色、そしてそれらに打ち砕かれ、返り血(硫酸)でとかされていく人間たちの地獄絵図がただただ美しい。怪物もただ正面から迫るだけではなく、屋根裏や水中を這い回り気が付けば後ろにいるような、ナム戦的緊張感がある。前作の脱出用シャトルでの遭遇劇を転用したパワーローダー最終決戦は必見。ウェイランド社絡みの話は前作とほぼ同じ。
鑑賞日:03月15日 監督:ジェームズ・キャメロン
エイリアン 日本語吹替完全版 コレクターズ・ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]エイリアン 日本語吹替完全版 コレクターズ・ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]
サラウンド収録はディレクターズカット版のみで、あとは全部モノラル収録。洋画劇場の音源をサラウンド化せずに切り貼りして劇場サイズの作品に仕上げているので、ある意味ではオリジナルに忠実。Dリプリーのキャラを立てるための声優配置だったDVD板とは違い、富山や大塚が途中退場する船長のキャラを無駄に濃くしているのが笑える。殺されることに変わりはないが。
鑑賞日:03月15日 監督:リドリー・スコット
アマデウス ディレクターズカット [Blu-ray]アマデウス ディレクターズカット [Blu-ray]
(84)努力で宮廷楽長に上り詰めたイタリア派のサリエリと音楽的才能と抑圧的な父の下で皇帝の庇護を受けたドイツのモーツァルトの愛憎劇。贈呈された曲を弾きながら作曲者の目の前で作り変える(侮辱的な)天才振り、封印劇を音楽的に説明することで皇帝を懐柔していく巧妙な性格の持ち主としてモーツァルトを描き、対する存在としてサリエリをとことん俗物的で嫉妬にまみれた人間として描くことで逆説的に天才の悲哀を描写することに成功している。人物像を提示するだけではなく、我々俗物とモーツァルトの距離感まで表した傑作。
鑑賞日:03月09日 監督:ミロス・フォアマン
敬愛なるベートーヴェン [DVD]敬愛なるベートーヴェン [DVD]
(06)老ベートヴェンと写譜師のメロドラマ。補聴器をつけ音楽的才能とそれによって手に入れた権威を振りかざす老人と尼寺に囚われながらも音楽と建築士との恋愛に一生懸命な女の物語。九番のリハーサルで音を失った老人をまえにあたふたする楽団、大胆にも十分以内に圧縮された第九を演奏する場面は見もの。音楽の存在意義について神学云々に見せかけながら論じてはいるものの、音楽と運命を司る存在(画面としては老人の戯言)以上のことを語っていな印象。
鑑賞日:03月09日 監督:アニエスカ・ホランド
チャイコフスキー [DVD]チャイコフスキー [DVD]
(69)交響曲の作曲者としての側面に切り抜き音楽狂としてチャイコフスキーを描いた作品。溢れる想像力と妻やパトロンの俗世的な欲望に苦しみ、初演者の無理解に苦しむスモクトゥノフスキーのひどく疲れたような演技、シュラーノワの音楽と偶像崇拝の間で引き裂かれた表情、(アマデウスでいうところのサリエリ)パフルスキの冷淡な印象がロシア的な長回しによって存分に表現されている。 ただ、バレエや同性愛などメルヘンチックな部分については一切触れられていないので、その点注意する必要がある。
鑑賞日:03月08日 監督:イーゴリ・タランキン
未完成交響楽 [DVD]未完成交響楽 [DVD]
(33)未完の交響曲第七番誕生の経緯を恋愛劇に仕立て上げた作品。授業中の教室で黒板に書いた分数が拍子に変化し、その場で子どもたちの合唱へと膨らんだり、娘の笑い声で中断された四番の作曲が失恋によって完成するなど音楽家の狂ったような部分とソフトな人間関係がバランスよく物語に編み込まれている。
鑑賞日:03月08日 監督:ヴィリ・フォルスト
パシフィック・リム ブルーレイ&DVDセット (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]パシフィック・リム ブルーレイ&DVDセット (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]
13年のロボ映画。鈍重な巨体が拳を握り肉弾戦を繰り広げる円谷とその弟子達が半世紀に渡って作り続けてきた「怪獣プロセス」に、大剣を振り回したり脳神経回路で巨大ロボを操る日本的なロボアニメの要素を組み込んで、ブレードランナー風の退廃的な色彩、看板だらけの街、やたらパネルラインが細かったり分割された装甲によって強調された巨体感といったハリウッド風のディテールで再現。オマージュは多いが、その混ぜ具合が兎に角絶妙でニヤニヤの止まらない映画だった。ただ、怪獣が三次元的に
鑑賞日:03月07日 監督:ギレルモ・デル・トロ
アイアン・ジャイアント 特別版 [DVD]アイアン・ジャイアント 特別版 [DVD]
00年、アメコミヲタが鉄の巨人との友情を契機に自立心を育む物語。壊れた線路をつなぎ合わせたり、鹿と人差し指を合わせたり、無表情無機質な巨人を人間に見立てる工夫が楽しかった。主人公が妙な方向に成長したのは個人的に面白くなかったけど、芳忠演じる冷戦基地外がいい味を出していたので気にならなかった。
鑑賞日:03月06日 監督:ブラッド・バード
アメリカン・スナイパーアメリカン・スナイパー
05年のSEALs映画。大使館爆破事件を見て愛国心に目覚めたカウボーイがシールズに入隊しイラクの“悪”と戦う物語。ドリルをつかった少年惨殺や銃撃戦の中で犬に吠えられた戦場の記憶が帰国後の整備工場や家族パーティーでトラウマとして蘇り、時には息子への愛情が現地で子どもに銃を向ける事を躊躇わせる。英雄をあの戦争で傷を負った一人の兵士として描いたところに意義はある、のだろうけど
鑑賞日:03月05日 監督:クリント・イーストウッド
ハート・ロッカー [DVD]ハート・ロッカー [DVD]
08爆弾処理班。やたら強調された低音と爆風にへし折れられる人体破壊描写、あとにつづいて描かれる網のように地中に、時に車のボンネットに張り巡らされたコード類の混沌とした様子が表情豊かなジェレミーレナーの演技と合わさって緊張感を生み出している。手ブレ感のあるカメラワーク、ハマー車中から眺めるカウンセラーの死、スコープ越しの敵と遅れて聞こえる弾着音等等、FPS的なリアルがこの作品にはある。ただ、個々のアクションは確かに緊張感があるのだが、後半の狙撃手の
鑑賞日:03月05日 監督:キャスリン・ビグロー
勇者たちの戦場 [DVD]勇者たちの戦場 [DVD]
08イラク帰還兵。「戦争を主導した国家への怒りと世間体を無視して反戦シャツを着用する息子の間で頭を抱える黒人衛生兵の図」が開戦から五年でようやくここまで踏み込めた感を漂わせている。酒に逃げ家庭を崩壊寸前にまで追い込む元衛生兵、職を失い薬に逃げる元歩兵、右手を失い劣等感に追い詰められる輸送兵、こういったPTSDや片手を題材にした映画はナム戦時代に星の数ほどつくられたが、イラク戦争を題材にしたものはあまりなかった。そういう意味で意義深い作品。
鑑賞日:03月05日 監督:アーウィン・ウィンクラー
山猫は眠らない [DVD]山猫は眠らない [DVD]
93年の狙撃映画。ジャングルの道なき道を感を頼りに進み、時に現地民に賄賂を渡して協力をこい、寝るときは川の中で立って眠る等々の音もなく忍び寄るための技術の数々がたまらない。敵に捕まり、ボスの前に引き出された直後に仲間に殺させる王道展開も良い。三日間を匍匐しつづけたハスコックには及ぶものの、ジャングル中の狙撃映画を(低予算ながらも)画にしている愛ある作品。
鑑賞日:03月05日 監督:ルイス・ロッサ
ザ・シューター/極大射程 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]ザ・シューター/極大射程 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
06年の狙撃と陰謀の映画。環境音から呼吸音に切り替えることによる集中力の演出、リボンをつかった風向の解説など狙撃に関わるものから、ホームセンターで買い込んだ道具から点滴をつくったり鉄パイプ爆弾をこしらえたりと日曜大工的な軍事描写など細部に工夫が凝らされており、FPSのプレイ動画感覚で見ることができる。全800ページの作品を省かず二時間弱に押し込んでいるためか陰謀云々に関してはかなり省略、またその殆どを言葉による解説に頼っているため味気ない。記録や回想を映像で見せるとか、もうちょっと視覚的に圧縮してほしかっ
鑑賞日:03月03日 監督:アントワーン・フークア
バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 3 [Blu-ray]バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 3 [Blu-ray]
90年の西部劇。時間をモチーフにしていた前作までの作風から一転してハリウッドの伝統芸が作品の軸。といっても、Ⅱで披露されたマーティの性格的な問題やドクの開拓時代への憧れを取り入れるなど切り口はそれなりに斬新。伏線が少ない分1カットの時間も長めで、MJフォックスとクリストファー・ロイドの演技がまた違って見える。
鑑賞日:03月02日 監督:ロバート・ゼメキス
バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 2 [Blu-ray]バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 2 [Blu-ray]
89年の時間跳躍型DMC、いろいろあってまた1955年へ。未来像の再設定と目的自体は前回と同じだが、達成するまでの過程で前作と(画面だけで)交錯させているのが良かった。
鑑賞日:03月02日 監督:ロバート・ゼメキス
バック・トゥ・ザ・フューチャー [Blu-ray]バック・トゥ・ザ・フューチャー [Blu-ray]
85年の時間跳躍型DMC。タイムスリップを小難しい理論的な解説ではなくプロットを組み替える事によって表現しているため、派手なアクションとしてもSFとしても楽しめる作品になっていたと思う。八十年代の能天気なアクションと生活環境、練りに練られたプロット、50年代の古き良き強きアメリカが見事に合体したハリウッド式の映画産業が到達した頂点のひとつ。
鑑賞日:03月02日 監督:ロバート・ゼメキス

鑑賞メーター

他の男の精液で孕んでもいいですか・・・?4 憧れていた先輩のむっちり美乳は僕のものではなかった


良質な教師ねとられもの。純愛ルートにありがちな青姦が第三者によって逆利用され最終的に寝取られていく展開が良かった。見切りをつけるイベントもヒロイン側、主人公側双方の心理を丁寧に描写していて、タイミングも抜群。アトリエさくらは最近、男根に依存している雰囲気があるので、この頃に戻って欲しい。
登録日:2015年02月15日

 

愛する妻が目の前で他人棒に貫かれ、よがり喘いでいく。ゴメンなさいあなた。でも、私気持ちいいの・・・
主人公とのイベントシーンまでは良かったが、強姦からNTRに流れるまでの心理描写が男根に頼りすぎており、感情移入を阻んでいる感がある。

 

他の男の精液で孕むとき
 男性不妊でありながら子孫を望む主人公と子どもを望みながらも他人との成功を嫌々受け入れる妻。子孫繁栄という社会的にも重要かつ合理的な要素を寝取らせの原因としているため、主人公の独占欲と妻の嘆きが際立っている。双方の合意からはじまった行為が肉欲によって引き裂かれていく様子は非常に印象的だった。
 マンネリ化した性行為の行き着く先としての描かれがちなNTRとは一線を画している。