読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

印象 2013/06/01-

オールタイムベスト http://efnran.hateblo.jp/entry/2016/01/01/000000

十二月の読書やら鑑賞やらの感想

 

惑星9の休日惑星9の休日感想
フレデリック・ブラウンやアポロ計画以前の憧れを感じさせる短編集。登場するガジェット自体は珍しくなかったが、それを巡る感情の交錯が非常に繊細で美しい。時を止められた少女(に嫉妬する幼女)、人間を模倣し擬似恋愛を演じようとする異性体(が映し出す過去を憎む宇宙飛行士)、反重力装置を開発する科学者(がふとしたことで掘り起こす煙草女の過去)。書き込みが少ないこともあって、しみじみ心に染みる作品集だった。読了日:12月30日 著者:町田洋

ソラリス (スタニスワフ・レム コレクション)ソラリス (スタニスワフ・レム コレクション)感想
異性体ソラリスとのファーストコンタクトだが、この作品には地球外生命との接触にあるべき戦争はもちろん、会話さえ存在しない。膨大な資料によってまとめられたソラリス史やソラリス学史が提示されるものの、いまいち確証を得ることはできず、もどかしさのみがのこる。 来訪した科学者の恋人を実験的に蘇らせて擬似恋愛劇を演じる場面は哀しく胸を打つが、それさえもソラリスの実験のひとつとして片付けられてしまう。最後には都市を再現し、人間の理性をあざ笑うように混乱させていく海がひたすら恐ろしかった。
読了日:12月23日 著者:スタニスワフレム

 


J.S. Bach - BWV 639 - Ich ruf' zu dir, Herr Jesu ...

忠臣蔵 [DVD]忠臣蔵 [DVD]
江戸中期は赤穂藩士による仇討事件。大石内蔵助長谷川一夫浅野長矩市川雷蔵、その他に鶴田、勝新、清水一学を田崎潤が演じるという昭和三十年代最高の配役。歌舞伎など他分野で磨かれてきた忠臣蔵の本流をしっかりした演技と脚本で魅せてくれる。どっしりかまえた長谷川一夫、恋人や肉親に暇乞いをする鶴田や勝新の微妙な感情表現は解釈を排した大道だからこそできたのだろう。書割も堂々としたもので、常に画面端を埋める小道具、絵画的な奥行表現、錦絵的な雪の配置はまるで蒔絵をみているような気分にさせてくれる。 大道傑作。
鑑賞日:12月31日 監督:渡辺邦男

 

マブラヴ オルタネイティヴ(全年齢版)

マブラヴ オルタネイティヴ(全年齢版)

 

ゲーム / アージュ / 2006年09月22日 発売

ハインラインの宇宙の戦士の日本主義的な再解釈であり、バーホーベンの映画版のオマージュ。出版当初から軍国主義賛美と批判されたハインラインのあれに大戦を生き抜いた帝政とそれを立脚点とした戦意や地球的危機による日米関係の決裂等々のイメージを盛り込むことで、高度な戦争文学に仕上がっている。螺旋回廊や君望で人間同士の不信を描いたageスタッフ(もとい鬼畜人タムー)が参加しているだけあって、兵士として成熟していく主人公の心理描写には力強い説得力がある。戦術機運用に関わるミリタリーな観点やBETAやハイヴの設定もなかな

 


Muv Luv Alternative PV - YouTube

うにうにうにうに (1) (まんがタイムKRコミックス)うにうにうにうに (1) (まんがタイムKRコミックス)感想
おせちになりました うに
読了日:12月13日 著者:青田めい

 

2014年12月の読書メーター
読んだ本の数:21冊
読んだページ数:5936ページ
ナイス数:41ナイス

2010年宇宙の旅〔新版〕 (ハヤカワ文庫 SF) (文庫) (ハヤカワ文庫SF)2010年宇宙の旅〔新版〕 (ハヤカワ文庫 SF) (文庫) (ハヤカワ文庫SF)感想
米露中エウロパ到達競争。ディスカバリー号失踪地点までの競争や木星の観測など宇宙開拓ものの作風が強めで、前作の原則論的なAIとの格闘や超個体化といったハードSF的な要素は影を潜めている。方針の変更はあるが、クラーク一流の2001年で失われていたメカニック最優先の宇宙船描写や賑わいのある人物描写が復活しており、ファンとして非常に楽しめた。HALの再調教や自我を再確認したボーマンとの接触などファンサービスもたっぷりで、ボーマンとの日々をAIなりの視点で回想するHALには思わずにやりとさせられた。
読了日:12月30日 著者:アーサー・C・クラーク


決定版 2001年宇宙の旅 (ハヤカワ文庫SF)決定版 2001年宇宙の旅 (ハヤカワ文庫SF)感想
動物園仮説かと思ったら永劫回帰SFだった。石版の啓示を受けて指先をつかうことを覚える猿、ソラリス幾何学的な表現は冷徹なクラークらしくて愉しい。スターゲート突入後の何ともいえない(温かみのない)浮遊感はちょっと混沌としすぎているが、これはこれで気持ちが良かった。(超人化を主観を排して描いているだけでも涙モノ)ただ、映像化を念頭においているためか情景描写が多めで、機械関係の説明がいまいち物足りないように思う。
読了日:12月26日 著者:アーサー・C.クラーク

宇宙戦争1941 (朝日ノベルズ)宇宙戦争1941 (朝日ノベルズ)感想
侵略SF型架空戦記。11課新設だけが希望。
読了日:12月23日 著者:横山信義
SFハンドブック (ハヤカワ文庫SF)SFハンドブック (ハヤカワ文庫SF)感想
SF研の部室にあった。80年代のSFのSからFまでを浅倉久志伊藤典夫大森望といったそうそうたるメンバーで解説。タイプ別おすすめ本やランキング本のあらすじ解説、果ては科学用語集となんでもあり。この本だけで大学生活の多くを犠牲にすることができる。非常によくできた本だが、もちろん90年代以降については言及がないため古臭さは否めない。SFが読みたいなんて内輪ランキング本を出す暇があるなら、この本を更新してほしいものです。
読了日:12月21日 著者:
SFが読みたい! 2009年版―発表!ベストSF2008国内篇・海外篇 (2009)SFが読みたい! 2009年版―発表!ベストSF2008国内篇・海外篇 (2009)感想
七割が業界人やSF研の内輪話とはこれいかに。ランキングの解説も界隈に理解のある人向けでTwitterの呟きをそのまま掲載しているみたいだし、これを本にする意味がいまいちわかない。
読了日:12月21日 著者:SFマガジン編集部
アンブロークンアロー 戦闘妖精・雪風 (ハヤカワ文庫JA)アンブロークンアロー 戦闘妖精・雪風 (ハヤカワ文庫JA)感想
戦略的シュレディンガーの猫。お馴染み深井大尉と愉快な仲間たちが一言何かを吐き出す度、議論するたびに主観や周囲の状況が組み替えられ、それを主人公らが解釈する度にまた違う風景が見えてくる。議論は一見哲学的だが全体的に整合性がないため、意見の投げ合いに近い。しかし、その投げ合い自体が事態をどんどんと拡大し、“議論”がトリガーとなって物語が際限なく展開されていく様子は非常にダイナミックでただただ圧倒されるばかりだった。
読了日:12月20日 著者:神林長平
戦闘妖精・雪風解析マニュアル戦闘妖精・雪風解析マニュアル感想
雪風に関する批評や作者インタビュー集。 モチーフの読み取りにくい神林作品の特集らしく、皆それぞれやりたい放題で楽しい。特に神林氏へのインタビューで、近年の回りくどい言い回しをせず、脚本執筆を参考にした文体や執筆中の気分について軽く答えているのが興味深い。OVA関係者のインタビューも収録されており動画や音響についての技術的困難を語っているあたりは参考になる。ただ、OVAの中身と同じく機械のコミュニケートについて言及はなく、企画段階から重要な部分が捨て去られていたことが伺えて何やら寂しい
読了日:12月17日 著者:
グッドラック―戦闘妖精・雪風 (ハヤカワ文庫JA)グッドラック―戦闘妖精・雪風 (ハヤカワ文庫JA)感想
特殊戦の宿命である“ディスコミュニケーション”を逆手にとったファーストコンタクト及び成長小説。 前作で無感動だった男が戦傷を負うことで部下思いの上官や戦友兼兵器である雪風の存在を認め、それがだんだんと敵対する異星体との対話へとつながっていく様子は実にロマンチック。特にそれら精神的成長が人間性の回復ではなく、認識の歪みの先に描かれているのが素晴らしかった。
読了日:12月17日 著者:神林長平
レストー夫人 (ヤングジャンプコミックス)レストー夫人 (ヤングジャンプコミックス)感想
語り手の立ち位置を考えると死ぬ。
読了日:12月16日 著者:三島芳治
すくみズ! (星海社COMICS)すくみズ! (星海社COMICS)感想
tugenekoのキャラは何を着てもエロいのだけれど、スク水を描くにあたってそれが枷になっている気がする。
読了日:12月16日 著者:tugeneko
戦闘妖精・雪風(改) (ハヤカワ文庫JA)戦闘妖精・雪風(改) (ハヤカワ文庫JA)感想
地球外生命体とのディスコミュニケーションであり戦闘機乗りのBLであり戦闘機の成長小説でもある作品。機械のように冷徹かつ妖精のように空を翔る雪風人工心臓を持ったことで差別され、挙げ句の果てにジャムに機能を停められ(たことが逆説的に人間であることの証にもなっ)たトマホーク、アルコール片手に滑走路上の雪を片付け続ける除雪車の天田少尉などなど、機械の側からヒューマニズムを確認しようとしている現在の神林の作品とは思えないほど詩的で心地よい要素がちりばめられている。 ブッカーと参謀司令本部PCとのやりとりがよかった
読了日:12月16日 著者:神林長平
だがしかし 1 (少年サンデーコミックス)だがしかし 1 (少年サンデーコミックス)感想
懐かし駄菓子紹介だと思って読んだら駄菓子を食べる女の子にエロを見出す合法猥褻本だった。おっぱいアイスは約束の地。
読了日:12月13日 著者:コトヤマ

宇宙の戦士 (ハヤカワ文庫 SF (230))宇宙の戦士 (ハヤカワ文庫 SF (230))感想
ロボット、侵略SFの皮を被った戦争小説。冷戦真っ只中で発表されただけあって市民権獲得のための従軍といった力強い文言がちりばめられており、アメリカらしいミニタリズムを感じる。 戦争映画ではお馴染みの階級の役割について所々で書かれていて、その理由を余裕を見せることによる士気の鼓舞などの逸話に見出していたのは新鮮だったが、交渉の余地のない地球外生命体を相手にしているのにわざわざ政治色が濃くする必要があるのか、なんてことも思ってしまった。そこはハインランだと思って諦めるべきなんだろうな。
読了日:12月13日 著者:ロバート・A・ハインライン
きんいろモザイク (2) (まんがタイムKRコミックス)きんいろモザイク (2) (まんがタイムKRコミックス)感想
綾のクレイジーサイコレズ化が良い。
読了日:12月10日 著者:原悠衣
蟹に誘われて蟹に誘われて感想
パイナップル男や商店街の案内人など、足摺り水族館と比べてファンタジックなキャラクターが多いためなのか、不思議の国のアリスと似た印象を受けた。モチーフもはっきりしていて読みやすいけど、不案内な水族館に比べるとあまりにきれいに収まりすぎていて物足りなさを感じる。
読了日:12月10日 著者:panpanya
羆嵐 (新潮文庫)羆嵐 (新潮文庫)感想
三毛別羆事件の再現小説。小説という形をとってはいるが会話文を最小限に抑えて状況を丁寧に描写しているため、集落に与えたショックがダイレクトに伝わってくる。通夜を再襲撃されて慌てふためく人々、壁一つ隔てて聞こえる羆の咀嚼音、囮にするため遺体を取り残す遺族たちの涙は単なる心理描写以上の迫力があった。
読了日:12月10日 著者:吉村昭
+チック姉さん(プラスチック姉さん) (7) (ヤングガンガンコミックス)+チック姉さん(プラスチック姉さん) (7) (ヤングガンガンコミックス)感想
お手をしろと言われたので オシッコをしてから お手をした オシッコをしたから怒られたのか? しかしお手はした why? わからない 考えろ!! thinking!! もっと!! thinking!! thinking!!-思考ノ海ヲ潜水セヨ-
読了日:12月4日 著者:栗井茶

12月の鑑賞メーター
観たビデオの数:11本
観た鑑賞時間:923分


兵隊やくざ 俺にまかせろ [DVD]兵隊やくざ 俺にまかせろ [DVD]
関東軍の転進のために編成された囮部隊に配属された二人の物語。 八路との本格的な戦闘場面が描かれているのが興味深い。
鑑賞日:12月21日 監督:田中徳三
宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟
前作の70年代懐古からいっきに飛んで、80年代の「Ⅲ」や「永遠に」をモチーフにしてきたから驚いた。愛の戦士を期待して劇場に足を運んだので最初は退屈したけど、引用源を自覚すれば意外と割り切れる。バーガーかっこいいし、かわいいし。レーダー手や砲手をつかった状況演出は少なめで戦艦らしさはいまいち出てなかったが、艦隊真横から艦砲射撃(新たなる旅立ちからの引用?)を描いたり側面展望室をもぎとったり意外性のあるカットもちらほらって見ごたえがあった。面白かったけど、良くも悪くも旧作ファン向けの作品だと思う。
鑑賞日:12月15日 監督:出渕裕
COWBOY BEBOP 2nd.Session [DVD]COWBOY BEBOP 2nd.Session [DVD]
環境保護テロ、堕天使たちのバラッド、
鑑賞日:12月03日 監督:渡辺信一郎
COWBOY BEBOP 1st.Session [DVD]COWBOY BEBOP 1st.Session [DVD]
目薬、わんこ、ポーカーアリス
鑑賞日:12月03日 監督:渡辺信一郎
コードギアス 反逆のルルーシュ volume 06 [DVD]コードギアス 反逆のルルーシュ volume 06 [DVD]
マオ
鑑賞日:12月03日 監督:谷口悟朗
コードギアス 反逆のルルーシュ volume 05 [DVD]コードギアス 反逆のルルーシュ volume 05 [DVD]
サクラダイト タンカー
鑑賞日:12月03日 監督:
コードギアス 反逆のルルーシュ volume 04 [DVD]コードギアス 反逆のルルーシュ volume 04 [DVD]
河口湖ホテルジャック事件、麻薬と母、日本解放戦線、
鑑賞日:12月03日 監督:谷口悟朗
コードギアス 反逆のルルーシュ 3 [DVD]コードギアス 反逆のルルーシュ 3 [DVD]
オレンジ、ナリタ連山攻防戦
鑑賞日:12月02日 監督:谷口悟朗
コードギアス 反逆のルルーシュ 2 [DVD]コードギアス 反逆のルルーシュ 2 [DVD]
クロヴィス暗殺の後処理
鑑賞日:12月02日 監督:谷口悟朗
コードギアス 反逆のルルーシュ 1 [DVD]コードギアス 反逆のルルーシュ 1 [DVD]
シンジュク事変
鑑賞日:12月02日 監督:谷口悟朗

鑑賞メーター

 

マブラヴ オルタネイティヴ(全年齢版)

マブラヴ オルタネイティヴ(全年齢版)

 

ゲーム / アージュ / 2006年09月22日 発売

ハインラインの宇宙の戦士の日本主義的な再解釈であり、バーホーベンの映画版のオマージュ。出版当初から軍国主義賛美と批判されたハインラインのあれに大戦を生き抜いた帝政とそれを立脚点とした戦意や地球的危機による日米関係の決裂等々のイメージを盛り込むことで、高度な戦争文学に仕上がっている。螺旋回廊や君望で人間同士の不信を描いたageスタッフ(もとい鬼畜人タムー)が参加しているだけあって、兵士として成熟していく主人公の心理描写には力強い説得力がある。戦術機運用に関わるミリタリーな観点やBETAやハイヴの設定もなかな